1通貨単位取引というSBIFXトレードが打ち破った業界の常識!

SBIFXトレードの大きな魅力のひとつは1通貨単位の取引単位を設けているところです。そうすることでわずか数円の資金からFXトレードを開始できるという計算になるのです。資金がない方やデモトレード代わりに試運転したいという方にぴったりの口座というわけです。FX業者は一般的には1万通貨単位や10万通貨単位、低めの設定でも1000通貨単位というところがあり、これまでは100通貨単位でもFX業界に衝撃を与えたほどでした。

SBIFXトレードの1通貨単位というのはFX業界の常識を完全に打ち破った設定です。非常に微々たる資金でFXを始められるので、初心者がFX取引を実戦で学びやすくなっています。また、上級トレーダーで多数の取引口座を持っている方にはリスクヘッジとしても利用できるので、1通貨単位の魅力は尽きません。

1通貨単位で取り引きできるわけ

一般的FX取引は銀行間で行われている100万ドル単位の為替取引を1万ドルや1000ドル単位に小口化したものが実際の裏事情です。そして、1通貨単位を実現しているSBIFXトレードではさらにその取り引きを小口化して、米ドル/日本円の通貨ペアなら1米ドル、ユーロ/日本円なら1ユーロといったように、最小取引単位で取り引きできるようにしています。

もちろん、大口での取り引きを好むトレーダーは1万通貨単位などでも取り引きできるので、決して少ない資金しかない方や小口取引を好む方だけに適した業者というわけではありません。

1通貨単位での取り引きのメリット

さて、1通貨単位のメリットはほかにもたくさんあります。例えば、上級トレーダーでほかのFX業者にいくつも口座を持っている方などは、SBIFXトレードでしかできない1通貨単位で、しかも小数点以下4桁表示、業界最高水準の低スプレッドを利用した小回りの利く戦略でリスクヘッジをすることができます。

また、初心者には少ない証拠金で始められるので、万が一の損失でも懐が痛まないところがメリットになります。1ドル80円のときにレバレッジを20倍にかけたとしたら、証拠金は4円からとなります。たった4円で本物のFX取引を始められるのです。

そしてもうひとつ、初心者やSBIFXトレードで口座開設をしようという方には大きなメリットをもたらします。それはデモ口座に関係することです。

FX業者の多くはデモ口座を用意し、事前にFX取引を体験してもらって自社での口座開設を促進しています。実はこのデモ口座は本番とはやや異なるため、約定力など環境が違ったりします。本来、デモ口座はその業者の取引ツールの使い勝手を確認するものですが、初心者の中にはデモ口座で利益をあげられたので本番でもできると勘違いして損失を被る方もいるほどです。

しかし、SBIFXトレードでは証拠金がたった数円から始められるわけですから、実戦にて取引ツールやFX取引を学べるので、より緊迫感が違いますし、それでも万が一失敗しても損失は最小限と、非常に安心なのです。1取引通貨単位の魅力は尽きません。

ページ上部に戻る