SBIFXトレードがオススメするのはリッチクライアント版!

SBIFXトレードの取引ツールはウェブ版やインストール型(リッチクライアント版)、スマートフォン・アプリなど様々なものが用意されています。それらすべてが国内外の金融機関で経験を積んできた正真正銘のプロの為替ディーラーがデザインしたものです。直接トレーダーとSBIFXトレード結びつける取引システムだからこそ、しっかりしたものを選びたいところです。

SBIFXトレードではやはりインストール型リッチクライアント版を推奨しています。

リッチクライアント版でなにができる?

リッチクライアント版なら、ワンクリックで発注可能な2WAY注文や、為替レートの変動を示すチャート上から発注と注文変更、取り消しができるようになっているチャート発注機能など、様々な最先端の機能が利用できます。

また、SBIFXトレードのリッチクライアント版では「2WAY+OCO」注文もできるようになっています。 2WAY+OCO注文は新規の2WAY注文に、指値注文もしくは逆指値注文も発注できるもので、スピードとリスク管理の異なった注文法が組み合わさったものです。

チャート上での発注機能もチャートを観測しながら素早く注文できるので、非常に便利。リッチクライアント版ならではの機能です。

SBIFXトレードのリッチクライアント版で表示できるテクニカルは一目均衡表やスローストキャスティクス、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、フィナボッチ、サイコロジカルライン、ピボット、MACD、ADX、RSIなどがあります。

ほかにも新機能が続々アップデート

SBIFXトレードでは顧客の要望を取り入れてサービスや取引ツールに反映しています。最近ではリッチクライアント版にレートの読上げ機能が付きました。新聞や本を読みながら、料理をしながら、子どもと遊びながらと様々なシーンで利用できます。読み上げ機能のひとつであるトリガー読上げは指定レートに到達してからに音声読上げを開始する、という機能で、狙ったレートで集中して取り引きができるメリットがあります。

このようにSBIFXトレードではトレーダーの実践に沿った要望を受け、新機能が続々と付加されていくので、SBIFXトレードとトレーダーが共に環境を作り上げていくという雰囲気があります。

ページ上部に戻る