SBIFXトレードのiPhone版の取引ツールが登場!

SBIFXトレードの取引ツールにiPhone版アプリも追加されました。スマートフォンのアンドロイド版と同様に使い勝手もよく、パソコンを使って自宅で取り引きするのとほとんど変わらない環境がそのままiPhoneに集約されています。通信環境さえあれば、外出先や出張先、買い物中など様々なシーンで素早くスマートに取り引きをしたり、口座の状態、ポジションの状況を確認することができます。

ウェブブラウザ版、リッチクライアント版と遜色のない機能

SBIFXトレードのiPhone版アプリはリアルタイムの為替レート、スワップポイントの表示や各種チャートの表示など様々な情報を確認できます。さらに、アンドロイド版同様に、相場分析などに必要な様々な経済ニュースの配信など、パソコン上で取り引きをするウェブブラウザ版やリッチクライアント版とまったく遜色のない機能が盛りだくさんです。

注文区分も、通常、IFD、OCO、IFO、2WAYと用意され、リッチクライアント版などに用意された最新機能の2WAY+OCOも利用可能になりました。また、レートをタップすることでそのまま注文画面に移行できるなど、使い勝手、機能性にも優れています。これはウェブブラウザ版にはない機能ですから、いかに優れているかがおわかりかと思います。

アンドロイド版とどちらが優れている?

SBIFXトレードのiPhone版アプリとアンドロイド版はどちらが優れているでしょうか。これは正直優劣はつけがたいです。というのは、機能的にはまったく同じであると言えるからです。

しかし、あえて言うのであれば、iPhone版アプリの方が確実に画面が見やすいと言えます。アンドロイド版のスマートフォンでは電話メーカーのスペックによっては液晶画面自体の性能に優劣があって、細かい表示が見にくい場合があります。

iPhoneであれば基本的には統一されたスペックですので、均一的に画面の見やすさは約束されます。アンドロイド版のスマートフォンではメーカーによって画面の大きさも違いますが、iPhoneはわりと大きいので見やすいということもありますね。

いずれにせよ、好みの問題と言えます。

ページ上部に戻る