SBIFXトレードのアンドロイド版アプリで外でもFX!

SBIFXトレードの取引ツールにはアンドロイド版アプリも用意されています。ウェブ版ツール以上の性能、ほぼリッチクライアント版と同レベルに、使い勝手もよく、自宅で取り引きするのとほとんど変わらない快適な環境で取り引きが可能です。インターネットさえ繋がれば、外出先や移動中などパソコンの前にいることができない様々なシチュエーションで取り引きや口座管理ができるようになっています。

パソコン版と変わらないレベルで情報収集ができる

SBIFXトレードのアンドロイド版取引ツールはパソコン上で取り引きをするウェブブラウザ版やリッチクライアント版と同じレベルでチャートなどが表示され、分析が可能です。表示できるチャートはサイコロジカル、ストキャスティックス、スローストキャスティックス、一目均衡表、ボリンジャーバンド、エンベロープ、パラボリック、強弱レシオ、モメンタム、オシレーター、ボラティリティ、フィボナッチ、新値足、カギ足、SMA、EMA、WMA、DMI、MAER、MACD、RSI、RCI、ROC、CCI、P&Fがあります。

リアルタイムのレートの表示はもちろんのこと、注文や約定の履歴、証拠金の状況やポジションの状態など様々な事柄を確認でき、口座管理なども問題なく可能です。

また、リアルタイムで配信される経済ニュースなど、分析に欠かせないSBIFXトレード独自のサポートもウェブブラウザ版やリッチクライアント版同様に受け取れるので、本当に自宅にいるのと変わらないレベルで情報収集が可能なのです。

注文機能なども充実!

SBIFXトレードのアンドロイド版取引ツールの発注機能なども優れています。通常、IFD、OCO、IFO、2WAYと従来の注文区分に2WAY+OCOも付け加えられました。また、レートをタップすれば注文画面に切り替わる機能などはパソコンではウェブブラウザ版にはない、リッチクライアント版だけに用意された最新機能なので、非常に高性能であるということが伺えます。

SBIFXトレードは顧客の声をすぐにサービスなどに反映していく業者で、アンドロイド版のアプリも続々と新機能が加わりアップデートされていきます。現状ですでに高機能でありながら、今後も進化してさらに使いやすくなることでしょう。

ページ上部に戻る