SBIFXトレードの最初の一歩は口座開設!

SBIFXトレードでFXの取り引きをしたい場合、まず最初にやらなければならないことはやはり口座開設です。これをしないことにはSBIFXトレードでの取り引きは始まりません。業界初の1通貨単位での取り引き、小数点以下4桁までの表示でより繊細な駆け引きなど、様々な魅力が満載のSBIFXトレードですから、まずは気軽に口座開設してみるのもいいでしょう。口座開設には費用はかかりませんし、口座維持費もかからないので安心です。

SBIFXトレードでは満18歳以上であれば未成年者でも口座開設が可能です(法定保護者の同意が必要)。FX業者の多くが20歳以上を対象にしていることから、若い学生さんで金融商品に興味がある方などにも向いている業者です。

まずは同意・承諾と基本情報を

SBIFXトレード口座開設を申し込むに当ってまずは電子交付、契約締結前交付書面、外国為替証拠金取引約款、個人情報保護宣言、反社会的勢力でないことの確約などに同意や承諾をしなければなりません。万が一の損失の際などに関する法的な知識は必須ですので、しっかりと勉強しておきましょう。

それが完了したら、個人情報です。氏名や年齢や住所のほかに、勤務先などの職業情報、財務状況や投資経験、口座情報などを入力します。そして申し込みボタンをクリックします。申し込みが完了すると、SBIFXトレードで審査に入ります。この審査が完了すると口座開設が完了します。審査完了で口座開設まで、申し込みから最短でなんとたったの1分です。

完了後、再度ログインをするとSBIFXトレードのサイトが立ち上がります。ただし、これで取り引きができるわけではありません。忘れずに取引口座へ証拠金を入金しましょう。クイック入金サービスのために各金融機関でインターネットバンキングの登録も済ませておきたいところです。

必要書類を用意しておきましょう

SBIFXトレードでの口座開設には氏名、住所、生年月日の記載がある本人確認書類が必要です。これらを予め用意しておくことでスムーズに口座開設が進みます。

本人確認書類は一般的に、運転免許証や各種健康保険証、住民票の写し、住民基本台帳カード、印鑑登録証明書、パスポートなどが相当します。外国籍の方の場合は外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書なども使えます(ただし、本籍が記載されている場合は本籍欄を塗り潰しておきましょう)。

ページ上部に戻る